病院でのAIDS検査


AIDS検査WEB(エイズ・HIV)〜自宅検査キットと保健所検査、病院検査の違いとは〜

病院で行う検査について

病院で行うAIDS検査(エイズ・HIV)の方が、保健所での検査よりもAIDSだと判明する件数は多いです。 なぜ病院の方が多いかというと、病院では、色々な場面でAIDS検査が行われるからです。 例えば、産婦人科でエイズ検査がよく行われています。

AIDSは母子感染するので、妊娠した女性は、AIDS検査を受けることになります。 エイズの他にも、性病の検査などを行い、生まれてくる子供や母体を守る検査が行われています。 パートナーに感染しているリスクや、パートナーに迷惑がかかるのを防ぐためという目的もあります。

それと、何らかの手術を受ける時にも、AIDS検査が行われます。 AIDSに感染している患者のオペをキズがついた手などで行ってしまうと、執刀医などに感染する可能性があります。 しっかりと検査を行って、感染しないかといった検査が行われます。

また、本人がAIDSと気づかずに、何らかの病気や体調不良で病院を訪れ、AIDSだと判明するケースも多いです。 AIDSが発症すると、様々な症状が現れるので、すぐにエイズだとは分かりません。 しっかりと検査を行う事で、AIDSかどうか判明します。

さらに、他の性病などで診察を受ける時に、AIDS感染の検査も行われます。 これは、性病にかかった場合には、他の性病に重複してかかっている可能性が高いためで、AIDSに関しても検査を受けることが多いです。 このように、病院で行うAIDS検査は、基本的にAIDS検査自体が目的ではない検査が多くなっています。

検査について
線
よくある疑問
線
トピックス
サイドボックス01イメージ
New!
AIDSが陽性だった場合についての対処方法をご紹介していきます。

サイドボックス02イメージ
PicKup
AIDS検査を病院で行う場合についてご紹介していきます。

サイドボックス03イメージ
Point
HIVに感染しているかどうかの検査を誰にも知られずに行えます。