感染経路


AIDS検査WEB(エイズ・HIV)〜自宅検査キットと保健所検査、病院検査の違いとは〜

AIDSの感染経路について

AIDS(エイズ・HIV)の考えられる感染経路としては、性行為感染、母子感染、血液感染が考えられます。 性行為感染は、AIDSが感染する経路として最も数が多いです。

男性の場合には、精液を通じて、女性の場合には、膣分泌液を通じて感染するケースが多いです。 特に、性器に傷があったり、同性による性行為などには注意が必要だとされています。 性行為によってHIVに感染する確率は、0.1%〜1%程度とされていますが、1回の性行為でも感染するケースもあり、注意が必要です。

次に、母子感染も、エイズが感染する経路の一つです。 母子感染の場合には、胎内で感染するケースや、産道で感染するケース、母乳を通じて感染するケースなど、様々な感染機会があります。 産道での感染や、母乳での感染は、対策を行えば防げることから、産婦人科ではAIDS検査を行うことが多いです。 血液感染に関しては、輸血や、HIVに感染している人の血液が体内に入ることで感染します。 HIVは、潜伏期があり、HIVに感染しているのに、気づかないまま献血をしてしまい、その血液が使われるケースもあります。

ただし、現在では、輸血用の血液の検査は徹底して行われており、ほぼ危険性はないとされています。 怪我をしている人の治療をし、そこからHIVが感染するケースや、麻薬を使用するために、汚い注射器を使い回し、感染するケースなどもあります。 また、薬害エイズ事件と呼ばれる、血液凝固因子製剤を利用したエイズ感染患者も多いのが現状です。

検査について
線
よくある疑問
線
トピックス
サイドボックス01イメージ
New!
AIDSが陽性だった場合についての対処方法をご紹介していきます。

サイドボックス02イメージ
PicKup
AIDS検査を病院で行う場合についてご紹介していきます。

サイドボックス03イメージ
Point
HIVに感染しているかどうかの検査を誰にも知られずに行えます。