知られずに検査


AIDS検査WEB(エイズ・HIV)〜自宅検査キットと保健所検査、病院検査の違いとは〜

誰にも知られずにAIDS検査行う

まず、AIDS検査(エイズ・HIV)を誰にも知られずできる方法として有名なのは、AIDS検査キットでの検査です。 検査キットを使えば、基本的に他の人と会う必要なく、検査をすることができます。 同居人や家族がいる人の場合でも、郵便局留めにしておくなどすれば、検査キットを申し込んだということがばれません。 結果の確認に関しても、その場で確認ができたり、インターネット上で番号で確認したりと、基本的に誰かにばれることがないように配慮されています。

ただし、自分でその場で確認できる検査キットは、信頼性などに少し疑問があるという指摘があるのが現状です。 また、地方自治体の保健所での検査は、匿名で行うことができます。 保健所では、ニックネームや偽名でも問題なく検査を受けられるようにしてあり、本名を登録する必要はありません。

しかし、保健所の検査は非常に大勢の人が受けていることで有名です。 保健所の検査は無料で受けられることが多く、軽い気持ちで来ている人も多いので、周りの人に顔を見られる確率は高いと言えるでしょう。 基本的に会場は共同なので、個別に仕切りがあるなどということもなく、知り合いが来ていて知られる可能性もあります。 保健所の職員や、医師とも顔を合わせることになるので、誰にも知られずに検査ができるかというと、少し難しいといえます。 このように、誰にも知られずに検査をしたい場合には、AIDS検査キットを使用するのがよく、多少顔を見られてもかまわないという場合には保健所の利用がおすすめです。

検査について
線
よくある疑問
線
トピックス
サイドボックス01イメージ
New!
AIDSが陽性だった場合についての対処方法をご紹介していきます。

サイドボックス02イメージ
PicKup
AIDS検査を病院で行う場合についてご紹介していきます。

サイドボックス03イメージ
Point
HIVに感染しているかどうかの検査を誰にも知られずに行えます。